2015/05/31

ADVANTEST TR6150 その8

ADVANTEST TR6150 性能というか、ウチのDMMの性能というか
基準電圧出力装置と電圧計の関係をグラフにしてみた。

温度は、ナショナルセミコンダクタ 高精度IC温度センサ LM60BIZ を
HP 3478A の3号機で測定。参考にアナログ温度計、デジタル温度計、Fluke 179で室温を見た。
変化量は、ほぼ同じだったので、温度センサの測定値をそのまま採用した。
スタートが3,000,000になる様にセットした。

ADVANTEST TR6150 と R6871Eは、24時間通電後からの測定開始。

3,000,040μV~3,000,050μVで推移し、時々30μVと60μVに行くという素晴らしい結果となった。

HP 3478Aの1号機2号機は、電源投入15分後には安定し、
その後測定値はR6871Eとほぼ平行に推移した。
これまた素晴らしい結果となった。

HP 3478Aの3号機は、これまでの経緯から性能がイマイチだったので、温度計に格下げ、

急遽ADVANTEST R6552 を代打に変えた。

ADVANTEST R6552は、2日前12時間通電後、室温23度だったので
校生・調整を行い、R6871Eと測定値を揃えておいた。

グラフから、安定するのに110分要し、
その後20~40μV上の位置で平行移動する結果となった。
25度の室温のせいなのかな・・・。

R6552も素晴らしい結果だとは思うが、2台のHPには僅差で負けている。

3号機の処遇が悩むところだ。

R6552については、あらためてレポートする予定だ。

2 件のコメント:

  1. こんにちは

    1号2号の特性ばっちりですね
    温度モニター良い感じですね



    家のもHPの34401Aと3478A2台と横河の6-1/2の物はすごくそっくりな温度特性ですが

    ケスレーの6-1/2の物と別の今回手に入れたもの3478A低レンジがノイズでいかれています
    60HZ用の感じでクロック早すぎです

    返信削除
    返信
    1. Shigeo Suzuki さん
      コメントありがとうございます。
      30年近く前の製品なのに
      ADVANTEST TR6150 と R6871E そしてHP の2台は素晴らしいです。
      ADCMT R6871E の落札金額37000円でした。少し驚いています。
      ウチのR6871Eは投げられたみたいで外見ボロボロです。「腐っても鯛」っ感じです。R6552は、安定するまで時間がかかるみたいです。
      今、電源投入から6秒毎で計測中。90分予定しています。グラフが出来たらUPします。

      削除